MENU
  • 氷見漁港で水揚げ・セリを見学!寒ブリにも会える!
氷見漁港で水揚げ・セリを見学!寒ブリにも会える!

氷見漁港で水揚げ・セリを見学!寒ブリにも会える!

氷見漁港では、氷見の寒ブリや富山湾から水揚げされる様々な魚介類のセリの様子を見学することが出来ます。

日本一美味しいと有名な氷見の「天然寒ブリ」の旬の季節。
氷見の寒ブリに会いに氷見漁港に行ってみたいと思います。

氷見漁港のセリの開始時間は朝6時から。

電話で確認したところ、特に予約の必要もなく、自由に見学できるとの事だったので、セリが始まる時間に合わせて、富山県氷見市まで行って来ました。

氷見漁港魚市場の「セリ」は見学無料・予約不要

氷見市境案内板

富山市内から国道8号線→国道160号線で氷見に向かいます。セリが始まる一時間前に氷見市に到着。

氷見漁港に到着したのは、セリ開始時間より少し早めの朝5時頃。夜明け前で辺りはまだ真っ暗。

漁港では、漁船から水揚げされた魚を、種類ごとにカゴに選別するなど、セリの準備をしていました。

念の為、氷見漁港の事務所のスタッフさんに確認したところ、氷見漁港を見学するのに予約の必要はないようです。

下調べどおり、セリは朝6時からという事なので、とりあえず、セリが始まる時間まで車で仮眠をとる事にします。

氷見漁港魚市場の「セリ」の様子

氷見漁港魚市場北側

1時間ほど仮眠をとり、朝6時前に再び氷見漁港の魚市場をのぞいてみると、1時間前にはガラガラだった市場内が活気付いています。

氷見漁港2階見学テラス

氷見漁港魚市場では、セリの見学ができますが、見学が可能なのは2階テラスのみ。

朝早いからか?あまり知られていないのか?見学者は数人しかいません。

ブリをもっと近くで見たいですが、1F市場内は滑りやすく、フォークリフトが行きかい危険なので、関係者以外は立ち入り禁止です。

氷見漁港魚市場北側セリ

セリは魚市場北側の奥の方から順番に進められていきます。カゴ単位で、次々に競り落されていきます。

"氷見=寒ブリ"のイメージでしたが、さすが"天然の生簀(いけす)"と称される富山湾から水揚げされる氷見漁港!たくさんの種類の魚介類が取引されています。

氷見漁港寒ブリ

ブリのセリは本日のメインなのか?魚市場東側に並べられたブリ周辺はまだ静かです。

氷見漁港スルメイカ・アオリイカ

競り落されたスルメイカとアオリイカ。落ちているアオリイカの透明度で鮮度の良さが分かります。

氷見漁港フウライカジキ

競り落されたフウライカジキ、スズキ、シマダイ、ズワイガニ、アカヤガラ。
首都圏の食卓にはあまり並ばない日本海の魚がたくさんいます。

氷見漁港ヒラメ

競り落されたヒラメ。
多分、カレイではなくヒラメだと思います。

氷見漁港赤イカ

競り落された赤イカ、サザエ、カサゴ、スズキ。
赤イカがデカいです。

氷見漁港出荷

競り落された魚がフォークリフトでトラックに運ばれ、次々と出荷されていきます。

氷見漁港アオサギ

アオサギ、海鳥、カラスがおこぼれを狙っています。よく見ると、すでにアオサギが魚をくわえていました。

氷見漁港魚市場北側セリ終了

あっという間に魚市場北側のセリが終了しました。

氷見漁港寒ブリセリ1

先ほどまで静かだった魚市場東側に目を移すと、ブリ周辺に活気が!
いよいよ寒ブリのセリが始まりそうです。

氷見漁港寒ブリセリ2

さすが、氷見の寒ブリ!
セリに参加する人の数がこれまでの魚と明らかに違います。

見学デッキから遠いのが悔しい!
人でブリの姿が見えなくなり、セリの様子が分かりません。

氷見漁港寒ブリ1
氷見漁港寒ブリ2
氷見漁港寒ブリ3

次々と競り落されたブリが次々と運ばれていきます。ようやくブリを近くで見ることができました。

氷見漁港フクラギ

競り落されたフクラギ。
フクラギはブリの子供です。かわいい!

氷見漁港魚市場の水揚げ

氷見漁港魚市場の水揚げ

セリ中にも港に船が着くと、水揚げが始まります。

フクラギ仕分け

セリが終わった魚市場北側では、水揚げされたフクラギを広げてカゴに分ける作業がはじまります。

氷見漁港出港

水揚げが終わると、船はまた出港していきます。

氷見漁港

セリや水揚げが終わったのは、朝7:30頃。
氷見漁港には再び静けさが戻ってきました。

氷見市内スーパー鮮魚売り場

その日の夜に氷見市内のスーパーに寄ってみたら、鮮魚売り場には、今朝見た魚介類がたくさん並んでいました。

氷見漁港のアクセス・定休日・営業時間はコチラ

氷見漁港魚市場

天然の生簀(いけす)と言われる国内屈指の良漁場「富山湾」。

富山湾の漁場から港までの距離が近い氷見漁港は、天然の生簀から魚をすくって鮮度が落ちる間もなく持ってこれる地の利もあり、富山湾一の水揚げを誇る漁港です。

▼氷見漁港のアクセス・定休日・営業時間
住所:富山県氷見市比美町435
TEL:0766-74-0170
セリ開始時間:6:00~
定休日:不定休
駐車場:あり

氷見漁港の食堂「海寶(かいほう)」

氷見漁港の食堂「海寶(かいほう)」

氷見漁港のセリで競り落としたばかりの新鮮な魚介類がいただけるという食堂が、氷見漁港魚市場の2Fにあります。

氷見魚市場食堂「海寶(かいほう)」は、セリが始まる前の朝5:30より営業していますが、朝メニューはラーメンなどのメニューのみ。魚介類のメニューは、朝8:00以降の昼メニューからいただく事ができます。

▼氷見魚市場食堂「海寶(かいほう)」の店舗情報
住所:富山県氷見市比美町435
TEL:0766-74-0733
セリ開始時間:5:30~15:00
定休日:日曜日/市場休日(不定期)
駐車場:あり

関連記事

▼関連記事一覧
氷見ぶりしゃぶ超おすすめ店!極上寒ブリ「ひみ浜」氷見ぶりしゃぶ超おすすめ店!極上寒ブリ「ひみ浜」
紅ズワイガニは今が旬!新湊漁港で昼セリを見学!紅ズワイガニは今が旬!新湊漁港で昼セリを見学!
氷見漁港で水揚げ・セリを見学!寒ブリにも会える!氷見漁港で水揚げ・セリを見学!寒ブリにも会える!
氷見寒ブリの旬は?「ひみ寒ぶり宣言」から終了宣言の時期は?氷見寒ブリの旬は?「ひみ寒ぶり宣言」から終了宣言の時期は?
旨味派?酸味派?ナマ派?一番旨い富山ます寿司ランキング!旨味派?酸味派?ナマ派?一番旨い富山ます寿司ランキング!