MENU
  • バリ島で最も美しい!タマン・アユン寺院の見どころ観光レポート
バリ島で最も美しい!タマン・アユン寺院の見どころ観光レポート

バリ島で最も美しい!タマン・アユン寺院の見どころ観光レポート

バリ島で最も美しい寺院と言われる「タマン・アユン寺院」。

メルと呼ばれる多重塔が立ち並んだ景色が有名で、観光ガイドブックでもたびたび目にします。世界遺産に登録され、バリ島6大寺院とも呼ばれているタマン・アユン寺院に行く前に見どころを抑えておきたい!ということで、観光レポートをまとめました。

タマン・アユン寺院はココ!

タマン・アユン寺院へアクセスできる公共の交通機関はないので、現地ツアーを申し込むか、カーチャーター、タクシーで観光する事になります。

ウブドやクタ方面から「タナロット寺院」へアクセスする際に合わせて観光するのもオススメです。

タマン・アユン寺院入口

タマン・アユン寺院入口

タマン・アユン寺院は、敷地全体がお堀で囲まれているので、そのお堀に架けられた橋を渡って入場します。

橋を渡った先の割れ門が寺院の入口です。

タマン・アユン寺院入口の石像

入口では悪霊が入らないよう強面の石像が門番を務めています。

タマン・アユン寺院の入場料

タマン・アユン寺院の入場料

タマン・アユン寺院の入場料は、外国人:20,000ルピア、インドネシア人:10,000ルピア。「ティルタ・ウンプル寺院」や「ゴア・ガジャ遺跡」よりも格が高いのか若干割高。

ちなみに、前日に街中で両替した時のレートが1円=125ルピアだったので、タマン・アユン寺院の入場料は日本円換算で20,000ルピア=160円になります。

タマン・アユン寺院の検札

チケットを購入したら、検札を通って先へ進みます。敷地内には芝生が広がり、都市公園のようにキレイに整備されています。

タマン・アユン寺院の闘鶏場

タマン・アユン寺院の闘鶏場

右手には闘鶏が行われる闘技場。
儀式の際には生贄として、闘鶏が行われます。

闘鶏の様子を人形で再現してあります。

闘鶏場外観

闘鶏場の外観は結構な規模。この建物の奥にトイレがあります。

タマン・アユン寺院の参道

タマン・アユン寺院の参道

闘鶏場から参道へ戻ると、改めて参道の長さを実感します。

広大な庭園の芝生の中央には、石畳の参道が真っすぐ続きます。

「タマン・アユン寺院」のタマンは「庭園」、アユンは「美しい」を表します。

ガイドさんによると、「美しい庭の寺院」という名の通り、バリ島で最も美しい寺院とのことなので、この「庭園」はタマン・アユン寺院の見どころのひとつだと言えます。

タマン・アユン寺院は17世紀にバリ島で最も大きな勢力を持っていたムングゥイ王朝の国寺として建立された寺院で、バリ・ヒンドゥー教の総本山であるブサキ寺院に次ぐ規模を誇っていたそうです。

ちなみに湖上の寺院が美しい「ウルン・ダヌ・ブラタン寺院」もメングウィ王朝が建立した寺院ということです。

2つ目の割れ門の先は、ワンフロア高くなっています。

割れ門を進むと、すぐ正面には精霊が降臨する祭壇があります。

タマン・アユン寺院にも集会場。バリ・ヒンドゥー教の寺院でよく見る壁がないスタイルです。

この先の割れていない門の扉の向こうが、タマン・アユン寺院の本殿境内になります。

ここから先に入れるのは、正装をしたバリ・ヒンドゥー教徒のみ。異教徒は寺院の中へ立ち入る事はできません。

タマン・アユン寺院の象徴ともいえる門の上部にも彫刻が施されています。

タマン・アユン寺院見学

観光で寺院に入ることはできませんが、寺院周囲を取り囲むように遊歩道が設けられており、寺院の周りをぐるっと一周できるので、外側から寺院を見学するこができます。正面左側から遊歩道に入ります。

塀が低く作られているおかげで、外からでも中の様子を十分に寺院を見学することができます。

塀の中にも藁ぶきの屋根の集会場があります。
低層の建物の奥には「メル」と呼ばれる多重塔が建ち並びます。

塀の中の本殿境内もお堀で囲まれています。

境内に立ち並んでいる多重塔「メル」は、アグン山を模しているとも言われていて、タマン・アユン寺院の特徴的な見どころのひとつになっています。

全部で10基あるメルは、3,5,7,9,11層と奇数の階層が基本となっていて、最高神を奉る11層の4基メルが最も格式が高いとされています。そんな中で奇数ではない2層の珍しいメルも見どころになっています。

角からは4基ある全ての11層のメルが見渡せました。

ガイドさん一押しの撮影スポット!珍しい2層のメルから、3,5,7,9,11層と段々と階数が多くなっています。

タマン・アユン寺院の観光まとめ

タマン・アユン寺院の観光まとめ

最後に、タマン・アユン寺院の観光について簡単にまとめておきます。

  • ・タマン・アユン寺院は「美しい庭の寺院」の意味
  • ・本殿境内へ入れるのは正装をしたバリ・ヒンドゥー教徒のみ
  • ・一般の観光客は外側から寺院を見学する
  • ・多重塔「メル」は3,5,7,9,11層と奇数の階層が基本
  • ・最高神を奉る11層のメルが最大
  • ・奇数ではない2層の珍しいメルがある

関連記事

▼関連記事一覧
エアアジアは超厳しい?機内持込手荷物・スーツケースのサイズと重量エアアジアは超厳しい?機内持込手荷物・スーツケースのサイズと重量
バリ島で人気ナンバーワン!タナロット寺院観光の服装にも注目バリ島で人気ナンバーワン!タナロット寺院観光の服装にも注目
3つの見どころを観光!ヒンドゥー教の古代遺跡「ゴア・ガジャ遺跡」3つの見どころを観光!ヒンドゥー教の古代遺跡「ゴア・ガジャ遺跡」
ツアーだと沐浴できない?ティルタ・ウンプル寺院の観光レポートツアーだと沐浴できない?ティルタ・ウンプル寺院の観光レポート
【ド定番】バリ島最大の繁華街「クタ」の観光・見どころランキング【ド定番】バリ島最大の繁華街「クタ」の観光・見どころランキング
停車駅多すぎ?横須賀線・総武線の快速「エアポート成田」停車駅多すぎ?横須賀線・総武線の快速「エアポート成田」
成田エクスプレスの停車駅は?路線図で全3系統を徹底解説成田エクスプレスの停車駅は?路線図で全3系統を徹底解説